このブログについて

「より新しい世界を探求するのに遅すぎるということはない」ロバート・ケネディ

  1. 良い習慣を身につければ人生は改善されます
  2. このサイトは、古今東西の知恵から、「自己改革・自己啓発のために必須の習慣」を整理・分類しています(私のメルマガの過去の記事を厳選し、それらをベースに作成しています)
  3. 右の「CATEGORIES」リストの中でいくつの習慣を自分が実践しているかをチェックしてみて下さい

    (※自己啓発と直接関係ない記事ですが
      ・「赤ちゃんが生まれた(これから生まれる)」という方はこちらの記事をどうぞ
      ・「生きることの大切さ」について改めて考えてみたい方はこちらの記事をどうぞ。 )

<< 大きな夢 | main | よく噛むことは万病の薬 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
1時間には15分が4つある
1時間には15分が4つある
--- 西村晃「生産性」手帳術

「15分単位」という意識で生活すれば
一日の中に多くの時間を見つけることができます。

例えば、本を書く、長めの報告書を書く、論文を書く
といった作業にはある程度の時間がかかります。
特に難しいのは、作業の取り掛かりです。

しかし、普段無駄に使っている15分を見つけ出し、
うまく活用すれば、取り掛かりのハードルを取り除き
作業全体にかかる時間をかなり節約できるようになります。

次の話は、タクシーの中の時間をどう使うかについての実例です。
車に乗っているとゆれますから、本を読むのも大変です。
長い文章を書くこともできませんが、思いついたことを
メモする程度ならなんとかなります。
毎日のスケジュールを見て、唯一
自分の時間があることに気がついた。
それは深夜横浜に帰る車の中だ。
・・・
私はノートを台紙と見立てて、そこに「ポスト・イット」を
何枚か並べて、週末執筆する本の構成を考えたのです。
つまり、本の目次作りだ。
・・・
待ちに待った休日がやってくる。
やや早めに起きて書斎に入る。ワープロに向かう。
さあ、何を書こうか。
ここで考え込んでしまったのでは筆は進まない。
ところがワープロの横にはもう「ポスト・イット」で
作った目次が並んでいる。
設計図を開いてプラモデルを作り始めるのと同じ心境だ。
--- 西村晃「『生産性』手帳術」より

スケジューリングについて、私がここ数年一番参考にしたのは
西村晃さんの著作です。ご存知の方も多いかもしれませんが、
西村さんはポスト・イットと手帳を使った時間管理の著作を
いくつか出版しています。
具体的かつ実践的な方法がたくさん書かれていて
非常に参考になります。
| 矢井田英雄 | 4. 計画を立てる習慣 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:08 | - | - |









http://yaida.jugem.cc/trackback/93
あがり症 自分 方法
あがり症,多汗症,赤面症を誰にも知られず、自宅で症状をカンタンに克服するステップをあなたにお伝えいたします...
| あがり症 自分 方法 | 2007/04/20 2:03 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/03 8:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/04 7:13 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/07 6:46 AM |
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
習慣についての言葉
  • 人生は選択の連続
    --- 「ハムレット」(シェイクスピア).
  • 人が習慣を作り、習慣が人を作る。
    --- ドライデン
  • 単に欲求に突き動かされるのは奴隷であり、 自分が作った法に従うことこそが自由である。
    --- ルソー
  • 「一日のうちでもっとも爽快で歓喜に満ちた時間は、 一般に、ベッドの中で過ごされているのだ」 ということを、朝の空気を味わったことがある人なら誰でも知っている。
    --- Robert Southey
  • "クレメンスは「休日は登板日だけ」という厳しい鍛錬を続けていることで有名だ。"
  • 大きなストレスに襲われた時、すぐに自分に問いかけよう。
    「自分が最も大切にしている "価値観" と "信念" に沿っていて、最も知性あふれる反応は何か?」
    ---ジム・レーヤー
  • 精神、肉体、感情が完全にバランスを保ち、ストレスと回復の間を軽やかに生き生きできるようになったら、思いのままに「理想的な心理状態(IPS)」を呼び起こす準備は整ったことになる。これがスポーツ選手のいう「乗っている」「負ける気がしない」状態だ。この状態では意識して考えなくても自然とうまく物事が進んでいくことが多く、落ち着き、自身、やる気、ポジティブなエネルギー、リラックスを感じ、どんな状況下でも道を切り開いていける。
    われわれは、人間はいつでも必要な時にこの状態になることができるという驚くべき事実を発見した。徐々にバーベルを重くしていくことで肉体を鍛えられるように、精神と感情も、最高のIPSを目指して計画的に訓練することができるのだ。 ---ジム・レーヤー
ARCHIVES
私の日々の習慣

良い習慣を身につけるために私が毎日やっていることがあります。
それは、自分が身につけたい習慣を書いたテキストファイルを毎日確認して修正することです。例えば、

  • 朝、(晴れていたら)太陽の光を浴びて、体内時計を調節すること。
  • 夜、風呂に入る前に日記を書くこと。

などです。身につけたい習慣をこのファイルに書いておけば、毎日、自動的に確認することができるので便利です。

LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
このページの先頭へ