このブログについて

「より新しい世界を探求するのに遅すぎるということはない」ロバート・ケネディ

  1. 良い習慣を身につければ人生は改善されます
  2. このサイトは、古今東西の知恵から、「自己改革・自己啓発のために必須の習慣」を整理・分類しています(私のメルマガの過去の記事を厳選し、それらをベースに作成しています)
  3. 右の「CATEGORIES」リストの中でいくつの習慣を自分が実践しているかをチェックしてみて下さい

    (※自己啓発と直接関係ない記事ですが
      ・「赤ちゃんが生まれた(これから生まれる)」という方はこちらの記事をどうぞ
      ・「生きることの大切さ」について改めて考えてみたい方はこちらの記事をどうぞ。 )

<< 生きることとは? | main | 赤ちゃんと天使 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
人とのつき合い
人づきあいをまったく無視することは、
長い目で見ればマイナスになるし、
仮にそんなことをやっても決して効率的ではない。
--- 黒川康正「独学術入門」

昔、私も完全に勘違いをしていたことがあるのですが、
仕事や勉強が忙しくなり時間がなくなってくると、
つい、人づき合いがおろそかになりがちです。

しかし、われわれの人生が基本的に人との
係わり合いによってなり立っている以上、
人間関係を狭めることは大きなマイナスになります。
人づき合いをまったく犠牲にした独学は成功しない
というのが、私の実体験から出た考え方だ。
なぜなら、独学そもそもの目的が、
何か新しいことを身につけて、仕事や社会との
新しいかかわり方をしたいということから
出発したはずだからだ。
--- 黒川康正「独学術入門」
| 矢井田英雄 | 9. 人格のための習慣 | 23:36 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:36 | - | - |
初めまして。いつもブログ拝見させていただいてます。
私は今ある病気で他人と話すことが出来ません。ですから人とのつきあいは、いっさいありません。5年間この病気と戦っている間に、なんだか家族さえいれば他人なんてどうでもいいや、なんて最近思うようになって来ていました。
ところがこの文を読んで、あー間違えていたんだと、気づかされました。一生この病気のままでいいやと考えていた自分でしたが、今は早くこの病気が治ればいいなと、思うように考えを代えることも出来ました。
それと同時に希望を捨てないで頑張ろうと意欲も沸いてきました。本当にありがとうございました。
これからも為になるメッセージ期待しています。
| ヒロミ | 2005/07/16 3:08 PM |
始めまして
先生のメルマガの読者です。

勇気づけらています。
私も拙いブログを立ち上げました。

是非お立ち寄りいただき、ご感想を戴ければ幸いです。
| thanks0507 | 2005/07/18 6:01 PM |
thanks0507 さん、ありがとうございます。
すごみのあるブログですね。

ヒロミさん
ぜひ頑張ってください。ある人とうまく行かなかったからといって落ち込むことはないです。世界は広いので、探せば必ず仲間がいると思います。(ちなみに、外国語を勉強することは、同じ志を持つ仲間を探す範囲を日本から世界に広げる良い手段です。)
| Yaida | 2005/07/21 3:46 PM |









http://yaida.jugem.cc/trackback/124
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
習慣についての言葉
  • 人生は選択の連続
    --- 「ハムレット」(シェイクスピア).
  • 人が習慣を作り、習慣が人を作る。
    --- ドライデン
  • 単に欲求に突き動かされるのは奴隷であり、 自分が作った法に従うことこそが自由である。
    --- ルソー
  • 「一日のうちでもっとも爽快で歓喜に満ちた時間は、 一般に、ベッドの中で過ごされているのだ」 ということを、朝の空気を味わったことがある人なら誰でも知っている。
    --- Robert Southey
  • "クレメンスは「休日は登板日だけ」という厳しい鍛錬を続けていることで有名だ。"
  • 大きなストレスに襲われた時、すぐに自分に問いかけよう。
    「自分が最も大切にしている "価値観" と "信念" に沿っていて、最も知性あふれる反応は何か?」
    ---ジム・レーヤー
  • 精神、肉体、感情が完全にバランスを保ち、ストレスと回復の間を軽やかに生き生きできるようになったら、思いのままに「理想的な心理状態(IPS)」を呼び起こす準備は整ったことになる。これがスポーツ選手のいう「乗っている」「負ける気がしない」状態だ。この状態では意識して考えなくても自然とうまく物事が進んでいくことが多く、落ち着き、自身、やる気、ポジティブなエネルギー、リラックスを感じ、どんな状況下でも道を切り開いていける。
    われわれは、人間はいつでも必要な時にこの状態になることができるという驚くべき事実を発見した。徐々にバーベルを重くしていくことで肉体を鍛えられるように、精神と感情も、最高のIPSを目指して計画的に訓練することができるのだ。 ---ジム・レーヤー
ARCHIVES
私の日々の習慣

良い習慣を身につけるために私が毎日やっていることがあります。
それは、自分が身につけたい習慣を書いたテキストファイルを毎日確認して修正することです。例えば、

  • 朝、(晴れていたら)太陽の光を浴びて、体内時計を調節すること。
  • 夜、風呂に入る前に日記を書くこと。

などです。身につけたい習慣をこのファイルに書いておけば、毎日、自動的に確認することができるので便利です。

LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
このページの先頭へ