このブログについて

「より新しい世界を探求するのに遅すぎるということはない」ロバート・ケネディ

  1. 良い習慣を身につければ人生は改善されます
  2. このサイトは、古今東西の知恵から、「自己改革・自己啓発のために必須の習慣」を整理・分類しています(私のメルマガの過去の記事を厳選し、それらをベースに作成しています)
  3. 右の「CATEGORIES」リストの中でいくつの習慣を自分が実践しているかをチェックしてみて下さい

    (※自己啓発と直接関係ない記事ですが
      ・「赤ちゃんが生まれた(これから生まれる)」という方はこちらの記事をどうぞ
      ・「生きることの大切さ」について改めて考えてみたい方はこちらの記事をどうぞ。 )

<< 世界を変えるもの | main | 人とのつき合い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
生きることとは?
半年くらい前ですが、神坂次郎さんの「今日われ生きてあり」という本を
なんとなく本屋で買って、それ以来、時間を見つけては
引き込まれるように読み返しています。

この本には、太平洋戦争の時、特攻隊の少年飛行兵の方たちが残していった
手紙・日記・遺書などの貴重な記録がまとめられています。

どれも印象深い話ばかりなのですが、その中から、
沖縄の海に散った大石清さんのエピソードを紹介します。


大石清さんは、昭和20年3月の大阪大空襲でお父様を亡くし、
その後まもなく、重病でお母様を亡くしました。

残された家族は、妹の静恵さん(当時11歳)だけです。
静恵さんは伯父の元に引き取られていました。

次の遺書は、特攻飛行の直前に、
まだ幼い静恵さんに宛てて書かれた手紙です。
なつかしい静(しい)ちやん!

おわかれの時がきました。兄ちやんはいよいよ出げきします。
この手紙がとどくころは、沖なは(沖縄)の海に散つてゐます。
思ひがけない父、母の死で、幼ない静ちやんを一人のこしていくのは、
とてもかなしいのですが、ゆるして下さい。

兄ちやんのかたみとして静ちやんの名であづけてゐた
いうびん(郵便)通帳とハンコ、これは静ちやんが
女学校に上るときにつかつて下さい。時計と軍刀も送ります。
これも木下のをぢさんにたのんで、売つてお金にかへなさい。
兄ちやんのかたみなどより、
これからの静ちやんの人生のはうが大じなのです。

もうプロペラがまはつてゐます。さあ、出げきです。
では兄ちやんは征きます。泣くなよ静ちやん。がんばれ!

--- 神坂次郎「今日われ生きてあり」
次の手紙は、上の遺書を大石さんから託された大野沢威徳さんが
静恵さんに宛てて書いたものです。


大石静恵ちやん、

突然、見知らぬ者からの手紙でおどろかれたことと思ひます。
わたしは大石伍長どのの飛行機がかりの兵隊です。
伍長どのは今日、みごとに出げき(撃)されました。
そのとき、このお手紙を わたしにあづけて行かれました。
おとどけいたします。

伍長どのは、静恵ちやんのつくつたにんぎやう(特攻人形)を
大へんだいじにしてをられました。いつも、その小さな
にんぎやうを飛行服の背中につつてをられました。
ほかの飛行兵の人は、みんなこし(腰)や落下さん(傘)の
バクタイ(縛帯)の胸にぶらさげてゐるのですが、
伍長どのは、突入する時にんぎやうが怖がると可哀さう
と言つておんぶでもするやうに背中につつてをられました。
飛行機にのるため走つて行かれる時など、そのにんぎやうが
ゆらゆらとすがりつくやうにゆれて、うしろからでも一目で、
あれが伍長どのとすぐにわかりました。

伍長どのは、いつも静恵ちやんといつしよに居るつもりだつたのでせう。

同行二人・・仏さまのことばで、さう言ひます。
苦しいときも、さびしいときも、ひとりぽつちではない。
いつも仏さまがそばにゐてはげましてくださる。
伍長どのの仏さまは、きつと静恵ちやんだつたのでせう。
けれど、今日からは伍長どのが静恵ちやんの "仏さま"
になつて、いつも見てゐてくださることゝ思ひます。

伍長どのは勇かんに敵の空母に体当たりされました。
静恵ちやんも、りつぱな兄さんに負けないやう、
元気を出してべんきやうしてください。さやうなら

--- 神坂次郎「今日われ生きてあり」

二通とも、静恵さんへの真っ直ぐな愛にあふれていて
悲しくも美しい文章だと思います。
読むごとに胸が締め付けられ、心が揺さぶられます。
わたしたちがこの世の中に生きているということはどういうことなのか?
といったことを考えさせられます。現代に生きる私たちは、自分に与えられた
人生の時間をありがたく思い、大切に使わなければならないと思います。

小さな本ですが、本を開くごとに、
亡くなられた方たちの言葉の美しさと重さで胸がいっぱいになります。
そして、命の尊さについて考え、自分自身の人生を見つめ直します。
| 矢井田英雄 | 9. 人格のための習慣 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:34 | - | - |









http://yaida.jugem.cc/trackback/123
赤ちゃん ぐずり泣き 困ってませんか? @ コレで 赤ちゃん ぐずり泣き 簡単にぐずり泣き止みます
赤ちゃん の ぐずり泣き してませんか?ゴールデンウイークで 赤ちゃん と一緒に出たり、ご両親に赤ちゃん を預けて外出しても、赤ちゃん が ぐずり泣く と周りの目も気になりますね。ところが、赤ちゃん の ぐずり泣き がピタッと泣き止む 玩具の実証実験
| 健康(ケンコウ) 生活 で 悩み改善! ☆ 健康(ケンコウ) 生活 で 悩み解決! | 2007/04/29 12:22 PM |
自殺に備えて遺書を書く
一度決めたらはっきり宣言して実行しなきゃ駄目だ別に自殺を今すぐするわけじゃないただ、わたしは普通に恋愛して普通に結婚して最期は愛する女性に看取られて逝くという幸せな最期を迎えられるという画を思い浮かべることができないわたしは弱い人間であり、多分一人で
| pixie酒田市民#0619のブログ | 2007/05/08 3:31 PM |
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
習慣についての言葉
  • 人生は選択の連続
    --- 「ハムレット」(シェイクスピア).
  • 人が習慣を作り、習慣が人を作る。
    --- ドライデン
  • 単に欲求に突き動かされるのは奴隷であり、 自分が作った法に従うことこそが自由である。
    --- ルソー
  • 「一日のうちでもっとも爽快で歓喜に満ちた時間は、 一般に、ベッドの中で過ごされているのだ」 ということを、朝の空気を味わったことがある人なら誰でも知っている。
    --- Robert Southey
  • "クレメンスは「休日は登板日だけ」という厳しい鍛錬を続けていることで有名だ。"
  • 大きなストレスに襲われた時、すぐに自分に問いかけよう。
    「自分が最も大切にしている "価値観" と "信念" に沿っていて、最も知性あふれる反応は何か?」
    ---ジム・レーヤー
  • 精神、肉体、感情が完全にバランスを保ち、ストレスと回復の間を軽やかに生き生きできるようになったら、思いのままに「理想的な心理状態(IPS)」を呼び起こす準備は整ったことになる。これがスポーツ選手のいう「乗っている」「負ける気がしない」状態だ。この状態では意識して考えなくても自然とうまく物事が進んでいくことが多く、落ち着き、自身、やる気、ポジティブなエネルギー、リラックスを感じ、どんな状況下でも道を切り開いていける。
    われわれは、人間はいつでも必要な時にこの状態になることができるという驚くべき事実を発見した。徐々にバーベルを重くしていくことで肉体を鍛えられるように、精神と感情も、最高のIPSを目指して計画的に訓練することができるのだ。 ---ジム・レーヤー
ARCHIVES
私の日々の習慣

良い習慣を身につけるために私が毎日やっていることがあります。
それは、自分が身につけたい習慣を書いたテキストファイルを毎日確認して修正することです。例えば、

  • 朝、(晴れていたら)太陽の光を浴びて、体内時計を調節すること。
  • 夜、風呂に入る前に日記を書くこと。

などです。身につけたい習慣をこのファイルに書いておけば、毎日、自動的に確認することができるので便利です。

LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このページの先頭へ