このブログについて

「より新しい世界を探求するのに遅すぎるということはない」ロバート・ケネディ

  1. 良い習慣を身につければ人生は改善されます
  2. このサイトは、古今東西の知恵から、「自己改革・自己啓発のために必須の習慣」を整理・分類しています(私のメルマガの過去の記事を厳選し、それらをベースに作成しています)
  3. 右の「CATEGORIES」リストの中でいくつの習慣を自分が実践しているかをチェックしてみて下さい

    (※自己啓発と直接関係ない記事ですが
      ・「赤ちゃんが生まれた(これから生まれる)」という方はこちらの記事をどうぞ
      ・「生きることの大切さ」について改めて考えてみたい方はこちらの記事をどうぞ。 )

<< すぐに復習する | main | 粘り強さ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
光のリレー
アインシュタインの言葉です。

(アインシュタインの言葉については、ジェリー・メイヤー等の
アインシュタイン150の言葉」がおすすめです。)

◆ 私は天才ではありません。
  ただ、人より長く一つのことと付き合っていただけです。

◆ 普通の大人は時間や空間について頭を悩ませたりしません。
  そういう"正常な"人は、

   「もうそんなことは教科書で教わって解決済みだ」

  と思っているのです。

アインシュタインは、子供の頃の疑問を、大人になってからもずっと追求し続けました。

私たちが物を見ることが出来るのは光があるからです。

「では、手鏡を持って、光と同じ速度でうしろに走ったら、
 自分の顔が鏡に映らなくなるのだろうか?

 ・・そんなわけはないだろう。では、何がおかしいのだろう?」

その疑問を考え続けた結果が「相対性理論」です。

今からちょうど100年前の1905年、アインシュタインは、
相対性理論のほかに「光量子説」と「ブラウン運動理論」という
革命的な理論を発表し、われわれ人類に大いなる貢献をしました。
この1905年は奇跡の年と言われています。

◆ どうして自分を責めるんですか?
  他人がちゃんと必要な時に
  責めてくれるんだからいいじゃないですか。


アインシュタインの奇跡の年から100年目、そして、アインシュタイン没後50年の今年は、国連により「世界物理年」とされています。

アインシュタインの業績を想い起こし、世界中で「光のリレー」が行われます。

4月18日(現地時間)にプリンストン大学から光を発して、
光と闇を人から人へとバトンタッチしていこうという計画です。

日本では、4月19日(火)の夜8時から9時までの間、東から西まで、順次灯りを2分間だけ消し、それから点灯することになっています。

参考 → http://www.ils.uec.ac.jp/WP2005/wplight.htm


[その他の関連リンク]
世界物理年公式ホームページ
世界物理年日本委員会
2005年世界物理年委員会
世界物理年 2005 KEKの取り組み

「第三次世界大戦はどう戦われるでしょうか。わたしにはわかりません。
 しかし、第四次大戦ならわかります。
 石と棒を 使って戦われることでしょう。」

「ナショナリズムは小児病である。それは国家の麻疹である。」

「人間性について絶望してはいけません。
 なぜなら私達は人間なのですから。」




「光のリレー」ですが、心配になるほど日本では盛り上がりませんでした。日本物理学会にはもっとやる気をだして宣伝を頑張ってほしい。未来の科学者を増やす良い機会だと思うのだけど。
| 矢井田英雄 | 9. 人格のための習慣 | 00:07 | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:07 | - | - |
初めまして。私も「150の言葉」を大切に読んでいるものです。
そして,光のリレーに登録させていただきました。
TBさせていただきます。
| +Lhaca | 2005/04/17 10:41 AM |
初めまして。私も「150の言葉」を大切に読んでいるものです。
そして,光のリレーに登録させていただきました。
TBさせていただきます。
| +Lhaca | 2005/04/17 10:42 AM |
光のリレー、終わりましたね。
しかし、日本全体で5千人いなかったというのは・・・。日本物理学会会長の北原さん、あまりにも宣伝不足では・・。
| Yaida | 2005/04/22 12:13 AM |
はじめまして。yuhkiと申します。

メルマガを読ませていただいております。
現在、目標達成のためにいろんなことを試しているのですが、その中で重要なのが習慣化だと思っております。
今後も参考にさせていただきます。
| yuhki | 2005/04/29 3:55 AM |
こんにちは。
このブログは自分にとって役に立ちそうなのでまた読ませて頂きますね。
| JUN | 2005/05/11 5:33 PM |
yuhkiさん、JUNさん、ありがとうございます。
このブログ、ついつい休み休みになってしまっているので、また始めたいと思います。
| Yaida | 2005/05/16 10:40 PM |









http://yaida.jugem.cc/trackback/114
クオンツも花粉症には勝てない。。。
花粉と言えばブラウン運動です。 水の上に浮く花粉の挙動がランダムウォークの基本でブラウン運動と呼ばれます。 花粉に水分子が次々と衝突し水上の花粉は右に行ったり左に行ったりとまるで酔っ払いのようにいろんな方向に動きます。
| 投資銀行での理系のキャリア | 2005/04/17 12:23 AM |
■光ネットワーク
18日は,核廃絶にも熱心だった物理学者アインシュタインの50回目の命日。 オフィスの関係ルームにもあの「べー」とおどけた表情で舌を出している氏の肖像画があるが,今年世界物理年ということもあり,それなりの広報活動も進んでいる。私も(それとなく魚座と言う
| ■GUIな時代のぱそ事情 | 2005/04/17 10:42 AM |
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
習慣についての言葉
  • 人生は選択の連続
    --- 「ハムレット」(シェイクスピア).
  • 人が習慣を作り、習慣が人を作る。
    --- ドライデン
  • 単に欲求に突き動かされるのは奴隷であり、 自分が作った法に従うことこそが自由である。
    --- ルソー
  • 「一日のうちでもっとも爽快で歓喜に満ちた時間は、 一般に、ベッドの中で過ごされているのだ」 ということを、朝の空気を味わったことがある人なら誰でも知っている。
    --- Robert Southey
  • "クレメンスは「休日は登板日だけ」という厳しい鍛錬を続けていることで有名だ。"
  • 大きなストレスに襲われた時、すぐに自分に問いかけよう。
    「自分が最も大切にしている "価値観" と "信念" に沿っていて、最も知性あふれる反応は何か?」
    ---ジム・レーヤー
  • 精神、肉体、感情が完全にバランスを保ち、ストレスと回復の間を軽やかに生き生きできるようになったら、思いのままに「理想的な心理状態(IPS)」を呼び起こす準備は整ったことになる。これがスポーツ選手のいう「乗っている」「負ける気がしない」状態だ。この状態では意識して考えなくても自然とうまく物事が進んでいくことが多く、落ち着き、自身、やる気、ポジティブなエネルギー、リラックスを感じ、どんな状況下でも道を切り開いていける。
    われわれは、人間はいつでも必要な時にこの状態になることができるという驚くべき事実を発見した。徐々にバーベルを重くしていくことで肉体を鍛えられるように、精神と感情も、最高のIPSを目指して計画的に訓練することができるのだ。 ---ジム・レーヤー
ARCHIVES
私の日々の習慣

良い習慣を身につけるために私が毎日やっていることがあります。
それは、自分が身につけたい習慣を書いたテキストファイルを毎日確認して修正することです。例えば、

  • 朝、(晴れていたら)太陽の光を浴びて、体内時計を調節すること。
  • 夜、風呂に入る前に日記を書くこと。

などです。身につけたい習慣をこのファイルに書いておけば、毎日、自動的に確認することができるので便利です。

LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
このページの先頭へ