このブログについて

「より新しい世界を探求するのに遅すぎるということはない」ロバート・ケネディ

  1. 良い習慣を身につければ人生は改善されます
  2. このサイトは、古今東西の知恵から、「自己改革・自己啓発のために必須の習慣」を整理・分類しています(私のメルマガの過去の記事を厳選し、それらをベースに作成しています)
  3. 右の「CATEGORIES」リストの中でいくつの習慣を自分が実践しているかをチェックしてみて下さい

    (※自己啓発と直接関係ない記事ですが
      ・「赤ちゃんが生まれた(これから生まれる)」という方はこちらの記事をどうぞ
      ・「生きることの大切さ」について改めて考えてみたい方はこちらの記事をどうぞ。 )

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
よく噛むことは万病の薬
健康食とは「噛む食」のことだ。
--- 大山倍達

唾液は自分の体がつくる自然の「薬」です。
唾液中のパロチンは若さを保つとも言われています。
よく噛まない人は、この薬を手に入れる機会を
自分で逃していると言えます。

ゆっくり時間をかけ、よく噛んで食べると、
少量の食事でも、徐々に血糖値が上がります。
その結果、食べ過ぎずに満腹感を味わうことができます。

噛むと、唾液の分泌量が増え、膵液は消化を助けます。

よく噛まないと、胃に負担がかかり、
血液が胃に集まりやすくなります。
その結果、脳に行く血液が減り、眠気に襲われます。

次の言葉は、勉強に良い食事方法について、
医者の立場からの言葉です。
・・・医学的に一気に解決する方法があります。
何も特別な器具は要りません。

ただ、よく噛んで食べればよいのです。

(1)消化を助ける
(2)脳への血液循環量が増える
(3)脳内ホルモンが増える

つまり、健康にも学習にも2重3重によいことなのです。
--- 吉田たかよし「最強の勉強法」


随分ご無沙汰していまいましたが、これから復活します。
| 矢井田英雄 | 8. 健康のための習慣 | 21:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
運動の効果
座りっぱなしの生活習慣から
適度に体を動かす習慣に切り替える人は、
心臓病で死ぬ確率を半分に減らせる
----スティーブン・ブレア


適度な運動をすると免疫力が高まり病気の予防になります。
あなたの寿命が長くなる確率が上がります。

それだけではありません。

運動をすることによって、身体だけでなく、
精神的持続力・集中力が強化されることが
最近の医学の研究から分かってきています。

ある程度の時間を日常的に運動に費やす人は、
人生の "長さ" も "密度" も改善することができるわけです。

つまり、長い目で見て、人生の時間を有効に使うことができます。
| 矢井田英雄 | 8. 健康のための習慣 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界で一番の薬
少し食べ、少し飲み、早くから寝ることだ。
これは世界的な万能薬だ。
ドラクロアの言葉です。

早寝早起きと腹八分目は、どんな薬よりも有効です。

ちなみに、ネズミを使った実験では、腹6分目、8分目、10分目のエサを与えて比べると、腹6分目のネズミの寿命は一番長いのだそうです。一番短いのは腹10分目です。

つぎは、面白いヨーロッパの諺です。

牛乳を飲む人より牛乳を配達する人の方が
健康になるものだ。
| 矢井田英雄 | 8. 健康のための習慣 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
習慣についての言葉
  • 人生は選択の連続
    --- 「ハムレット」(シェイクスピア).
  • 人が習慣を作り、習慣が人を作る。
    --- ドライデン
  • 単に欲求に突き動かされるのは奴隷であり、 自分が作った法に従うことこそが自由である。
    --- ルソー
  • 「一日のうちでもっとも爽快で歓喜に満ちた時間は、 一般に、ベッドの中で過ごされているのだ」 ということを、朝の空気を味わったことがある人なら誰でも知っている。
    --- Robert Southey
  • "クレメンスは「休日は登板日だけ」という厳しい鍛錬を続けていることで有名だ。"
  • 大きなストレスに襲われた時、すぐに自分に問いかけよう。
    「自分が最も大切にしている "価値観" と "信念" に沿っていて、最も知性あふれる反応は何か?」
    ---ジム・レーヤー
  • 精神、肉体、感情が完全にバランスを保ち、ストレスと回復の間を軽やかに生き生きできるようになったら、思いのままに「理想的な心理状態(IPS)」を呼び起こす準備は整ったことになる。これがスポーツ選手のいう「乗っている」「負ける気がしない」状態だ。この状態では意識して考えなくても自然とうまく物事が進んでいくことが多く、落ち着き、自身、やる気、ポジティブなエネルギー、リラックスを感じ、どんな状況下でも道を切り開いていける。
    われわれは、人間はいつでも必要な時にこの状態になることができるという驚くべき事実を発見した。徐々にバーベルを重くしていくことで肉体を鍛えられるように、精神と感情も、最高のIPSを目指して計画的に訓練することができるのだ。 ---ジム・レーヤー
ARCHIVES
私の日々の習慣

良い習慣を身につけるために私が毎日やっていることがあります。
それは、自分が身につけたい習慣を書いたテキストファイルを毎日確認して修正することです。例えば、

  • 朝、(晴れていたら)太陽の光を浴びて、体内時計を調節すること。
  • 夜、風呂に入る前に日記を書くこと。

などです。身につけたい習慣をこのファイルに書いておけば、毎日、自動的に確認することができるので便利です。

LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
このページの先頭へ